アメリカから日本はどう見える?海外では何が起こっている? New York Timesを主な情報源に、ファイナンシャル・プランナー中村芳子がパーソナルにコメントします。アメリカ滞在中の平日に更新。
2016年12月08日 (木) | 編集 |
日本の新聞もテレビも「安倍首相、日本の総理大臣として初めて、鎮魂のためにパールハーバーへ」と報道している。
NYTimes でも大々的に報道された。=> こちら

27Japan1-master768.jpg

私はときどき、通訳や翻訳もしてるので、とても気になったのがこの表現だ。「鎮魂のために」。
だって、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教には、私が知る限り、死者の魂を慰めるという考え方はないから、いったいどう報道するのかしらん。海外の人は、どう受け止めるんかしらん。オバマ大統領の広島訪問の目的は、「歴史に向き合ってきちんと見て、同じ過ちをおかさないため」だった(と理解してる)原爆で亡くなった人たちの鎮魂のためではかった。折り鶴もね。
で、NYタイムズを見たら、「commemorate the death」 死を記念して、「honor dead」亡くなった方に敬意を表して という表現になっていた。訪問する側と訪問される側との思いは、最初からだいぶ違ってるかもしれない。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック