アメリカから日本はどう見える?海外では何が起こっている? New York Timesを主な情報源に、ファイナンシャル・プランナー中村芳子がパーソナルにコメントします。アメリカ滞在中の平日に更新。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年05月17日 (水) | 編集 |
2週間パーシャル断食でも、0.8㎏しか痩せなかった。

痩せる目的ではなくて、「祈る」ために2週間のパーシャル断食をした。いや、そんなつもりはなかったのだが、ある日、日曜日の礼拝で「教会のリーダーたちがある目的のために、3週間の断食をしています。よかったら参加してください。再来週の日曜日まであと2週間です」とアナウンスがあった。

「えー、2週間も断食できないよ!」36歳のアメリカ人牧師に「大丈夫なの?3週間も断食なんて」とききに行ったら、「大丈夫、1日に1食だけ食べてる」とのこと。
それだったらできるかも、と月曜から翌週の日曜までの14日間、パーシャル断食に自主参加。平日は朝と昼の2回をスキップ。週末の家族との朝ごはんは大切だから昼だけスキップ。計、14日間で22回の食事を抜いた。食事しない分の時間を、聖書を読んだり祈ったりに当てられるのが断食のいいところ。普段は忙しくてなかなか時間がとれないから。

この方法だと、夕方までにはかなり空腹になるけど「夕食が食べられる」安心感で切り抜けられる。でも、思ったのは「これで体重や筋肉が減ったらやだな」ってこと。

で、2週間が終わった後、スポーツクラブで体組成計で測定した。
結果、体重は0.8㎏しか減ってなかった。よかった!内訳をみると、脂肪が1㎏減って筋肉は逆に0.2㎏増えてた、うれしー。断食中も朝の20分のジョギング(週3)、太極拳(週1)をやめなかったのがよかったらしい。基礎代謝もほんの少し増えてた。

で、何が言いたいか。これです!
[続きを読む...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。