アメリカから日本はどう見える?海外では何が起こっている? New York Timesを主な情報源に、ファイナンシャル・プランナー中村芳子がパーソナルにコメントします。アメリカ滞在中の平日に更新。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年03月15日 (金) | 編集 |
電子書籍の「転売」と、「価格1円 」の問題
Reselling E-Books and the One-Penny Problem
NYTimes March 14, 2013

電子書籍について以前から不思議に不満に思っていたことに、NYTimesのテクノロジー・ライターのデヴィッド・ポーグがユーモアたっぷりにわかりやすく解説してくれていたので、ご紹介。

電子書籍には愛すべき点がたくさんある。すごく軽くて、どこまで読んだか覚えていてくれる。文字の拡大も簡単にできる。
image_20130320031059.jpg

だが、これまで何回も何回も書いてきたように、ある重要な部分で「ぼったくり」だ。電子本は紙の本とほとんど同じ値段なのに、読み終わった後に、売ったり寄付したりできない。そういうわけで、NYTimesが、AmazonとAppleが、電子本を再販売できるようにする特許を申請したという記事を載せたとき、私の眉毛は顔から落っこちそうになった。これは電子本だけでなく、音楽や映画、コンピュータプログラムもカバーするという。
私は早速、Twitterで書いた。

ほんとうに、ぜひぜひ。Amazon とApple が電子本を転売ができるようにするらしい。すばらしい。
http://t.co/MwJFO2p6Yd
— David Pogue (@Pogue) 8 Mar 13


ところが、驚いたことに、私のフォロワーたちは思ったほど興奮していない。彼らからこんな質問が来た。

@Pogue : デジタル著作権の管理はどうなる? コンテンツの所有権は誰にあるの?
— William Shaw (@williamshaw09) 8 Mar 13


(タイムズの記事では、Authors Guild(著者組合)の代表のScott Turowは、こんな風に書いていた。「1週間後にただ同然で買えるのが分かってたら、誰が正規の値段を払って本を買うだろう?」)

そりゃあ、もちろん著作権が保護されなかったら、電子本の再販売という計画が出てくるわけがない。紙の本と同じで、電子本を1冊買ったら、売れるのはその一冊だけだ。いったん売ったらもちろん手元には残らない。

AmazonとAppleの提案は両方ともこの課題をクリアしている。どちらも、1冊の電子本の所有者は、常にひとりに限定されることを保証している。

@Pogue 著作権者は、転売の時に印税をもらえるの?
— Steve (@StevePietrowicz) 8 Mar 13
[続きを読む...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。