アメリカから日本はどう見える?海外では何が起こっている? New York Timesを主な情報源に、ファイナンシャル・プランナー中村芳子がパーソナルにコメントします。アメリカ滞在中の平日に更新。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年01月23日 (水) | 編集 |
A Cat’s 200-Mile Trek Home Leaves Scientists Guessing
猫のホーリー どうやって300キロも帰ってきたの?
2013年1月20日 NYTimes By PAM BELLUCK

旅行先で迷子になった猫が、2ヵ月後に、約200マイル離れた自宅に戻ってきた。いったいどうやって?
hollythecat20130124 (1)
大旅行を終えて飼い主に抱かれるホーリー
11月、フロリダのデイトナビーチで、飼い主のリッチャー・ジェイコブとボニーからはぐれてしまった4歳のぶち猫のホーリー。大晦日の夜に、ウェストパームビーチにあるリッチャー家から1マイルほどのところで見つけられたときには、やせこけて弱っていた。この長い旅行に科学者も驚いている。

「似ている別の猫じゃないのか?」とも疑われた。猫をなくした飼い主が、別の猫をいなくなった猫だと思い込むのはよくある話だからだ。しかし、ホーリーの場合は事前に埋め込まれていたマイクロチップのおかげで、間違いなく本人(猫)だと確認された。

ある専門家は「もちろんそういう話があることは信じます。でも説明のしようがない」と語る。「おそらく、特別に地理感覚がいいとか、動物的な感覚が強いとか、獲物をとるのがうまいとか、が関係しているんでしょうけれど、それを証明するものがない」

猫の方向感覚について、科学的仮説などはほとんどない。移動型の生物、渡り鳥や亀などについての研究はかなり行われていて、臭覚や太陽の角度を認識することが知られている。
犬が長い距離を歩いて自宅に戻る話は時々耳にする。祖先の狼の本能を受け継いでいるからだといわれる。しかし、よくある理由は、犬を旅行先に連れて行く人が多いからかもしれない。

Hollythecatmap20130124.jpg
フロリダのDaytona Beachで飼い主とはぐれたホーリーは、約300キロを旅してWest Palmの自宅近くまで戻ってきた
猫は眺めと臭いで、土地を覚えるといわれる。ある専門家は「もしかしたら、鋭い嗅覚が、北からの空気に松の臭いをかいで、南に向かって歩き続けたのかもしれない」という。別の専門家は、「フロリダの海岸風景を覚えていた猫が、I-95の道路を右に、海岸を左に見ながらひたすら歩き続けたのかもしれない。でも、たくさんの猫を使って、あちこちに連れて行きどうやって家に帰るかを研究する人はいないだろう」と語る。

とはいえ、世界には、長い距離を旅して自宅に帰った猫の話はいくつかある。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。