アメリカから日本はどう見える?海外では何が起こっている? New York Timesを主な情報源に、ファイナンシャル・プランナー中村芳子がパーソナルにコメントします。アメリカ滞在中の平日に更新。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年07月31日 (火) | 編集 |
新学期スタート直前 親も子も準備で大忙し!

日本の学校の新年度は4月、アメリカ、カナダの学校の新年度は9月。たしかヨーロッパもイギリス、フランス、スイスなど多くの国が9月。おっと中国も9月はじまり。世界標準に合わせて、学校の新年度を9月にしようという動きがメジャーな大学で議論されているのは、うんうん、もっともな話だ。

で、インディアナポリスでは、9月ではなく8月前半に新学期がスタートする学校がほとんど。わが家がアル学区も来週の月曜日(8/6)が学校初日だ。Good Old Days(古き良き時代)には、9月のLabor Day(9月の第月曜日-労働の日-今年は」9/3)までが夏休みで、その翌日から新学期だったが、全国的に学力の低下が著しいため、少しずつ新年度の始まりが繰り上がっているらしい。

以前、アメリカの学校の夏休みはまるまる3ヶ月(!)だったけれど、最近は2ヶ月強。高校生はサマースクール(2~4週間)で単位をとると(ほとんどの子どもがとる)実質の休みは1ヶ月前後で日本とさほど変わらない。教会主催や音楽系などのサマーキャンプ(1~2週間)も多彩で、働く親は子どもに複数のキャンプをはしごさせる。パブリック、プライベートのデイケアも無料(一定の収入以下の家庭)から1ヶ月数十万円のゴージャス版までいろいろ。とはいえ、忙しい親も2週間ほどの休みをとって家族でゆっくりすごすのが主流だ。
backtoschool20120801.jpg
Lands End は本日かぎり全品30%オフのセール
7月に入ると、いろんな店も通販ショップで「Back to School」セールが始まる。バックパック。ノートなどの学用品、それからユニフォーム。

こちらのユニフォームは、日本の制服とは違って、一定のドレスコードがあり、学区によって違う。
インディアナポリスの小学校の場合は
トップス:襟つきのシャツかブラウス ポロシャツ (色は白、赤、水色、紺)
ボトムス:ジーンズ以外のズボン、スカート、ジャンパースカート (紺、カーキ、黒)
という具合。でも、化粧やマニキュア、ピアスはOKというところが、アメリカらしい。

この円高と、Back to School Saleを利用して、子供服やバックパックを日本から海外通販で買い物するのは賢いかも。送料はかかるけれど、消費税がかからないことを考えるとかなり安くあがる。
スポンサーサイト
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。