アメリカから日本はどう見える?海外では何が起こっている? New York Timesを主な情報源に、ファイナンシャル・プランナー中村芳子がパーソナルにコメントします。アメリカ滞在中の平日に更新。
2016年12月08日 (木) | 編集 |
日本の新聞もテレビも「安倍首相、日本の総理大臣として初めて、鎮魂のためにパールハーバーへ」と報道している。
NYTimes でも大々的に報道された。=> こちら

27Japan1-master768.jpg

私はときどき、通訳や翻訳もしてるので、とても気になったのがこの表現だ。「鎮魂のために」。
だって、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教には、私が知る限り、死者の魂を慰めるという考え方はないから、いったいどう報道するのかしらん。海外の人は、どう受け止めるんかしらん。オバマ大統領の広島訪問の目的は、「歴史に向き合ってきちんと見て、同じ過ちをおかさないため」だった(と理解してる)原爆で亡くなった人たちの鎮魂のためではかった。折り鶴もね。
で、NYタイムズを見たら、「commemorate the death」 死を記念して、「honor dead」亡くなった方に敬意を表して という表現になっていた。訪問する側と訪問される側との思いは、最初からだいぶ違ってるかもしれない。

2016年12月02日 (金) | 編集 |
いま、働く女子がやっておくべきお金のこと
Money Matters for Smart Girls
働く女子表紙

祝! 2016年12月1日に新しい本が出ました!!
『いま、働く女子がやっておくべき お金のこと』 中村芳子著 青春出版社から 
構想2年。アメリカで書き始めたのだけど、日本の女子のお金の悩み、人生の悩みを生の声を聞きたい!と思い、6月に帰国してから、いろいろな女子に話を聞き、うんうん、と自分の内臓に染み込ませてから、伝えたいお金のアドバイスを一冊の本にまとめました。

これを読んでいただけば、「生活の心配も、将来の不安も、すーっと消えて」いきます。
[続きを読む...]
2014年08月03日 (日) | 編集 |
Digital Divide on the Wedding Aisle
Digital Weddings 2.0: Hashtags and Retweets
By NICK BILTON
ニューヨークタイムズ 2014年7月31日の記事から

http://www.nytimes.com/2014/07/31/fashion/digital-weddings-2-0-hashtags-and-retweets.html?module=Search&mabReward=relbias%3As%2C%7B%221%22%3A%22RI%3A8%22%7D
0731-Disruption-master675.jpg
James C. Best, Jr. for The New York Times

最近、結婚式に出席しましたか。

ーーいま、花婿が入場しました。さあ、正面から、花嫁が歩いてきます。美しいですね、オルガンの奏楽が鳴り響きます。典型的な結婚式です。でもちょっと待って。これから、もっと良くなるんです。

「本日、私たちはこの男性とこの女性の結婚式のために集まりました」神父、牧師、あるいはラビは続ける「ここで花嫁とお花婿から、皆さんへのお願いです。インスタグラム、Twitter、Facebookに投稿する結婚式の写真には
すべて同じハッシュタグをお使いください。」

筆者は最近の結婚式で、同じようなことを何度も経験した。ハッシュタグは結婚式のプログラムに書いてあることもあれば、テーブルの上に置いてあることもある。通路でささやかれることもある。

その後は、デジタルフリーの夜だ。結婚式のあらゆるシーンであらゆる人が、あらゆる角度でとったすべての写真が、インスタグラム、Twitter、Facebookでシェアされる。

おばあちゃんのおばあちゃんの時代からほとんど変わらなかった伝統が、いま、ソーシャルメディアの登場でかき回されている。ウェディングプランナーも、カメラマンも、花嫁花婿も、いったいどうしたらいいか、混沌の中。 →
[続きを読む...]
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
2014年04月15日 (火) | 編集 |
マツダのミアータ 発売から25年

NYtimes でカーレビューを担当するTom Voelkの愛車がこれ。
アメリカでの人気は健在!ですって。NYTimes のカー記者の愛車はこれ。初代ミアータ(日本名はロードスター)。
真っ赤な車体、確かにかっこいい。日本が世界に誇れるプロダクトのひとつだ。
この春、アメリカでこの新モデルが発表されるといううわさも。楽しみ。

ミアータ



2013年11月22日 (金) | 編集 |
ふたりのおさいふちょっと拝見 26組目のカップルが登場

ふたりのおさいふ2013-11-223112305203103c.png" alt="ふたりのおさいふ2013-11-22" border="0" width="199" height="344" />

今回は公務員カップルです。
育休中のサキさんは、1年で職場に復帰するか、それともあと2年延長するか思案中。
今1年の育休を、3年に延長する案が、国会で出されているけれど、公務員は一足先に3年育休が実現しています。
でも、2年目以降は無休。休む前の約半分の育休手当がもらえる1年目とは違い、家計はぐんと苦しくなります。
さて、どうするのがいいでしょう。 → こちら