アメリカから日本はどう見える?海外では何が起こっている? New York Timesを主な情報源に、ファイナンシャル・プランナー中村芳子がパーソナルにコメントします。アメリカ滞在中の平日に更新。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年05月17日 (水) | 編集 |
2週間パーシャル断食でも、0.8㎏しか痩せなかった。

痩せる目的ではなくて、「祈る」ために2週間のパーシャル断食をした。いや、そんなつもりはなかったのだが、ある日、日曜日の礼拝で「教会のリーダーたちがある目的のために、3週間の断食をしています。よかったら参加してください。再来週の日曜日まであと2週間です」とアナウンスがあった。

「えー、2週間も断食できないよ!」36歳のアメリカ人牧師に「大丈夫なの?3週間も断食なんて」とききに行ったら、「大丈夫、1日に1食だけ食べてる」とのこと。
それだったらできるかも、と月曜から翌週の日曜までの14日間、パーシャル断食に自主参加。平日は朝と昼の2回をスキップ。週末の家族との朝ごはんは大切だから昼だけスキップ。計、14日間で22回の食事を抜いた。食事しない分の時間を、聖書を読んだり祈ったりに当てられるのが断食のいいところ。普段は忙しくてなかなか時間がとれないから。

この方法だと、夕方までにはかなり空腹になるけど「夕食が食べられる」安心感で切り抜けられる。でも、思ったのは「これで体重や筋肉が減ったらやだな」ってこと。

で、2週間が終わった後、スポーツクラブで体組成計で測定した。
結果、体重は0.8㎏しか減ってなかった。よかった!内訳をみると、脂肪が1㎏減って筋肉は逆に0.2㎏増えてた、うれしー。断食中も朝の20分のジョギング(週3)、太極拳(週1)をやめなかったのがよかったらしい。基礎代謝もほんの少し増えてた。

で、何が言いたいか。これです!
[続きを読む...]
スポンサーサイト

2017年05月02日 (火) | 編集 |
「貧乏は財産だ 金持ちでない親に感謝しよう」というのは、私の著書『20代のいま、やっておくべきお金のこと』のプロローグの一項目だ。
新20代

この本は、読み返すたびに「うーん、本質をついている!いいこと書いてあるなー」と自画自賛してしまうページがいくつもある。この貧乏についての項目も、うーん真理だなーっと。

このことを実感する話を聞いたので、おすそわけしたいと思う。

その女の子は、耳の聞こえない両親の家に生まれた。両親は聾唖の高校までしか出ておらず、大学卒の学歴がないので、彼女がものごころついたこ頃から、いつも外で働いていた。やがて弟が生まれる。幸運なことに子どもはふたりとも耳が聞こえた。ふたりは両親から手話を学び、テレビや近所の人たちから話し言葉を学んだ。両親はいつも働いていたので、テレビは二人の友達で先生だった。彼女は特にドキュメンタリー番組を愛した。見たことのない世界、会ったことのない人たちを彼女に紹介してくれた。

高校生で、彼女は学校に行くのをやめた。不登校。韓国の(そう、これは韓国の話です)学校教育は、日本以上の受験文化、詰め込み教育だという。彼女は読みたい本ややりたいことがあったのに、高校に行って言われた通りに勉強をしていたら、自分のやりたいことをやる時間がない、と気付いたのだ。

そして、彼女は旅行に出ようと思いたつ。カンボジアやベトナム、タイやマレーシア。小さいときに、学校以外、近所の人やテレビからいろんなことを学んだように、異国で旅先で、出会う人々から、旅そのものから、多くのことが学べるはずと確信したのだ。

でも、お金はなかった。
[続きを読む...]

2016年12月27日 (火) | 編集 |
『新板 20代のいま、やっておくべきお金のこと』を読んでくれた30歳の友子ちゃん(仮名)が、本にあるとおり「目的別に4つの口座をつくって使いわけよう!」と決心して、銀行へ足を運んだ。第一歩は、積立定期預金をはじめること。

ところが、窓口で「積立定期もいいですが、こっちの方がおすすめですよ」と生命保険をすすめられた。あっという間に設計書を4種類も作って渡された。保険なんて考えてもいなかったし、設計書を見てもよくわからないし、どうしたらいいかわからなくなって、相談にいらっしゃいました。
保険設計書

これは、由々しき事態ですよ! 三○東○U○○銀行さん!

彼女がすすめられたのは、毎月保険料を10〜20年間払って、10年置いておいて、30年目から貯まったお金を年金の形で受け取るという「個人年金保険」の一種だった。とてもわかりにくい。

友子ちゃんは毎月3万円を自動で積み立てる定期預金を始めたかったのに、毎月3万円の保険料を20年間払う「年金保険」をすすめられた。でも、彼女はほとんどの人と同じように保険が苦手。貯金と保険の違いがわからない。簡単に説明しよう。
[続きを読む...]

2016年12月08日 (木) | 編集 |
日本の新聞もテレビも「安倍首相、日本の総理大臣として初めて、鎮魂のためにパールハーバーへ」と報道している。
NYTimes でも大々的に報道された。=> こちら

27Japan1-master768.jpg

私はときどき、通訳や翻訳もしてるので、とても気になったのがこの表現だ。「鎮魂のために」。
だって、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教には、私が知る限り、死者の魂を慰めるという考え方はないから、いったいどう報道するのかしらん。海外の人は、どう受け止めるんかしらん。オバマ大統領の広島訪問の目的は、「歴史に向き合ってきちんと見て、同じ過ちをおかさないため」だった(と理解してる)原爆で亡くなった人たちの鎮魂のためではかった。折り鶴もね。
で、NYタイムズを見たら、「commemorate the death」 死を記念して、「honor dead」亡くなった方に敬意を表して という表現になっていた。訪問する側と訪問される側との思いは、最初からだいぶ違ってるかもしれない。

2016年12月02日 (金) | 編集 |
いま、働く女子がやっておくべきお金のこと
Money Matters for Smart Girls
働く女子表紙

祝! 2016年12月1日に新しい本が出ました!!
『いま、働く女子がやっておくべき お金のこと』 中村芳子著 青春出版社から 
構想2年。アメリカで書き始めたのだけど、日本の女子のお金の悩み、人生の悩みを生の声を聞きたい!と思い、6月に帰国してから、いろいろな女子に話を聞き、うんうん、と自分の内臓に染み込ませてから、伝えたいお金のアドバイスを一冊の本にまとめました。

これを読んでいただけば、「生活の心配も、将来の不安も、すーっと消えて」いきます。
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。